レーザー治療と光治療の違い(メリットやデメリット)

レーザー治療と光治療(フォトセラピー)ではどちらのしみ治療を受けようか悩むところだと思いますのでここでは、この2つを比較して違いを明らかにしたいと思います。

まず、レーザー治療についてですが、気になるシミをスポット的に治すものです。頬にぽつんと1つや2つのシミがあるという場合や表面がザラザラしていたり、盛り上がっているなど、かなり年季の入った手ごわそうなシミもレーザー治療向けといえるでしょう。

一方のフォトセラピーは、照射面が広いという特徴や肌への負担や刺激がマイルドということもあり、顔全体に点在するような細かなシミの治療に向いているといえます。治療後の皮むけや炎症による色素沈着など肌トラブルが起こることも少ないので安全な治療法ともいえます。

確実にシミを根本から治療するということであればレーザー治療に軍配が上がります。

レーザー治療はメラニン生成の指令を異常に出すといったエラーを起こした細胞そのものを破壊してくれますし、エネルギーが強く、紫外線によるシミであれば1回の治療で除去できるからです。

光治療の場合は、シミを取るまでに何回か照射する必要がありますし、表皮細胞を壊すことなくメラニンを熱で変性させるだけなのでシミの根本治療というわけにはいきません。ココはチェックすべきポイントでしょう。

逆に光治療のメリットに焦点をあわすと、シミだけでなく、しわやたるみ、ほうれい線、赤ら顔、くすみなどあらゆる肌の老化やトラブルに対して効果があることです。

これは真皮層を活性してハリのある肌を保つ為に必要なコラーゲンやエラスチンの生成を促進させて、血流をアップさせたり、メラニンなどを減らす作用などマルチな効果が光治療にはあるためです。

また、お肌へのダメージが最小限となることから、治療後のトラブルや痛みなどもなく、レーザー治療のようにダウンタイムがなく、治療後もすぐにメイクができるなど日常生活にほとんど支障をきたすことがないのも光治療のメリットといえます。

レーザー治療は、治療後に赤みが出たり、炎症性の色素沈着を防ぐためにアフターケアに細心の注意を払わないといけないなどいろいろやることがあるのがデメリットで、お肌が回復するのにも少し時間がかかってしまう場合もあるようです。

<お金にかんしてレーザー治療と光治療(フォトセラピー)を比べると、光治療はほぼ間違いなくすべてにおいて自由診療となると思いますが、レーザー治療は以下の場合に限り、保険が適応されます。

■ 太田母班:思春期ごろに目立ってくる目の周りのあざ(茶色~黒色)
■ 外傷性刺青:ケガをした後に残った傷(黒色)
■ 異所性蒙古班:青いあざ

普通に美容目的でシミを消すという場合でも、レーザー手術のほうが1回で終わることや治療範囲が小さいということでレーザー治療のほうが安上がりです。1か所5000円~2万円ぐらいで収まるのではないかと思います。

(光治療は1クール(5~6回)で10~20万円が目安になります。)

シミの状態や数や範囲、それから+αでアンチエイジング効果も付け加えるかでどちらの方法を選ぶかは変わってくると思いますが、それも専門医と相談したうえで決まるものです。

受けられる治療や費用はクリニックによってさまざまなので、専門医にしっかり説明を受けたうえでじっくり検討するようにしてください。できれば2つ以上のクリニックへ行って話を聞いておきたいところです。

このページの先頭へ