しみ治療QA~美容皮膚科や美容外科で美白する!

最先端のしみ(シミ)治療が受けられるのがクリニックの最大の特徴!

見た目の印象を悪くし、老けてみせるのがシミです。できてしまったシミを鏡でみるたびにため息をついているという方もいると思いますが、その悩み、美容皮膚科や美容外科で解消しませんか?


美容皮膚科や美容外科といった医療機関では、美白化粧品や美白サプリでは到底対応できないような頑固で大きく、色も濃いシミ・ソバカス・ニキビ痕に対応できる最先端のしみ(シミ)治療が受けられます。


シミとひとくちにいっても肝斑(かんぱん)、老人性(日光性)色素班、雀卵班(じゃくらんはん)、炎症性色素沈着といった種類があり、原因もさまざまですから、シミの種類にあわせて確実に効果のある治療方法を選択できるというのもクリニックでの治療の特徴といえるでしょう。


自宅でのしみ(シミ)美白化粧品を使ってのケアでは、シミを触ることによる刺激でかえってシミを濃くしてしまう場合もあるので、確実にシミを消そうと思ったらやはり専門の医師に相談して最適な治療法で対処するのが一番です。


多くの方が真っ先に利用する美白化粧品は、あくまでシミの予防効果しかないものです。できてしまったシミに 対しては効果がないのがほとんどですし、あったとしても美容皮膚科や美容外科で処方してもらえる塗り薬に比べれば大したことはありません。


どうせ美白にお金をかけるなら確実に効果のあるクリニックでのしみ治療に使ったほうがいいと思いますよ。

こんなにある美容皮膚科や美容外科でのしみ(シミ)治療

シミには種類があり、原因もさまざま。効果のある治療法も肌質やシミの大きさ、かけられるお金などによって種類があり、自分にぴったりのものが選んで治療にあたるというのが正しいシミ治療だと思います。


クリニックでは内服薬のほか、塗り薬(美白外用剤)、レーザー治療、光治療、ケミカルピーリング、ビタミンC誘導体イオン導入からプラセンタ注射まで多くの治療方法があり、必要に応じて組みあわせることでさらなる相乗効果が期待できたりします。


代表的な美容皮膚科や美容外科で受けられるしみ(シミ)治療を紹介すると、


<フォトフェイシャル・IPL>


顔全体に特殊な光を照射することで、沈着してしまったメラニンにダメージを与える方法。レーザーとは違い、刺激や痛みがなく、初心者におすすめの治療です。数回行って徐々にシミを薄くしていきます。肌の若返りに効果あり。>>詳細


<レーザー治療>


メラニン色素に反応するレーザーを用いてピンポイントでシミを攻撃。輪ゴムではじかれたような痛みがあるのが欠点ですが、複数回の治療は必要なく、照射後はシミが次第に薄くなっていきます。シミの状態にあわせてより強力なレーザーを使うなど調整をします。>>詳細


<ケミカルピーリング>


酸を利用して古い角質や表皮を化学的に溶かして、肌のターンオーバーを強制的に促進することで肌を生まれ変わらせます。くすみがとれる美白効果があるほかニキビ痕の色素沈着などに有効。1回で劇的に肌が生まれ変わることはありませんが、回数を重ねることで確実に美肌を実感することができます。>>詳細


<ビタミンCイオン導入>


化粧品にも配合されていることが多いビタミンCですが、そのほとんどは肌に浸透していません。しかし、イオン導入することでメラニンの生成の抑制、活性酸素の除去、コラーゲンの生成促進、皮脂分泌の抑制などの効果を得ることができるビタミンCを肌の奥まで届けることができます。シミ治療にはもちろん、毛穴・シワ・たるみなど美肌効果を得られます。>>詳細


<点滴>


ビタミンC、L-システイン、プラセンタなど美白に有効な成分を点滴して血中に注入することでより高い効果を得られます。>>詳細


<塗り薬>


ハイドロキノンやトレチノレン、トラネキサム酸などメラニン色素の合成を防ぎ、シミを漂白する美白成分でシミ治療を行います。レーザーでは治療しにくい肝斑や色素沈着に処方されることが多いです。>>詳細


それぞれの治療法の詳細について、当サイトでは初心者の方にもわかりやすく解説していますので本気でお金をかけてシミ治療しようと考えている方の参考になるはずです。じっくり読み込んでみてください。

運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

美容皮膚科や美容外科でのレーザー治療や光治療の種類、外用薬を使ったしみ(シミ)治療についてまとめてみました。シミ・ソバカスを確実、スピーディに処置するなら断然クリニックがおすすめです。

Copyright © 2013 しみ(シミ)治療Q&A~美容皮膚科や美容外科で美白するなら All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。