Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーは、肝斑以外のほぼすべてのシミやソバカス、色素沈着を消すことができる医療用レーザーです。ほくろの除去やタトゥーを消すのにも利用できます。

(※ 肝斑に使用すると逆効果となり濃くなってしまう可能性がある。)

単一波光を出すレーザーということで真皮層などの深い部位にあるシミにも有効で、シミやほくろなどの黒い色にだけに反応して色素を壊してくれるため、シミ以外の健康なお肌にはダメージを与えないお肌に優しいレーザー治療という評価を受けています。

実際のQスイッチルビーレーザーを使った治療ですが、カウンセリングでシミの数や位置を確認し、ノーメイクの状態にしてからシミ部分に麻酔クリームを塗り、レーザーを照射します。

皮膚のメラニン色素を破壊してシミを取るため、レーザーの照射には熱が生じるために軽いやけど状態となります。痛みについてはチクチクとしたものがありますが、我慢できないほどの痛みになることはないようです。

照射後は、表皮破壊というものが起こるので照射部分が白くなります。

その後数日間はシミ部分が赤黒く変色して、かさぶたができてきます。このかさぶたを隠すために絆創膏がもらえます。(メークでは隠せないため)。かなり目立つので外出するのは憚れるはずです。

照射後1週間もするとかさぶたが剥がれてピンク色の皮膚がでてきます。その後さらに1~2週間すると徐々に周りの肌色となじみはじめてわからなくなります。

治療期間ですが、照射して完全に元の状態になるまでにだいたい1か月ぐらいです。ほとんどの場合、1回のレーザー照射で効果がでますが、薄くならない場合、頑固なシミの場合は、2、3回以上の治療が必要となるようです。

複数回の治療が必要な場合は、3ヶ月あけなければ次の照射を行なうことができません。

気になる価格ですが、保険が適用される疾患については保険に定められている治療費が自己負担分となり、1回につき約8,000円程度です。保険が適用されない疾患の場合は、治療を受ける医療機関によって様々です。

シミの大きさや数によって違ってきます。

1回で効果がでるか、副作用など問題が起きないかは医師の腕に左右されます。レーザー照射に関してはそれほど技術の差がでるものではありませんが、Qスイッチルビーレーザーが有効なシミかどうか、肝斑と複数のシミが重なっているのかいないかを見極めが大切です。

肝斑の他にも、扁平母斑といわれるシミの場合も、有効かどうかはその人によって違いがあることと、効果があってもまた再発してしまう可能性があるため、Qスイッチルビーレーザーを適切に使える信頼できる医師の元で治療を行なうようにすることが大切です。

このページの先頭へ