ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、一種の酸を使用し、皮膚の古い角質を剥がして新しい皮膚の再生を促すという治療方法です。お肌の状態に合わせて使用する酸の濃度を調節して治療を行います。

古い角質を強制的に取り除くため、皮膚が修復する力を刺激することができ、結果として肌のターンオーバーを促進することができるので、くすんでいたり、淀んでいた顔色が明るくなり、印象も変えることができます。

余分な角質を取り除くことができるため、毛穴詰まりやニキビを予防するのに有効ですし、肌のコラーゲンを増やす効果もあるのでシワやたるみといった肌老化にも効果があります。

シミ治療においてケミカルピーリングが行われるのは、新しい皮膚の再生を促すことができるのでシミやソバカス、ニキビ跡の色素沈着を浮き上がらせて、古い角質と一緒に排出できる効果が期待できるからです。

ケミカルピーリング自体は最近では自宅でも行なえるように酸の濃度が低い肌にやさしいピーリングジェルも販売されています。キャシーズチョイスなんかが有名でしょうか?

肌のターンオーバーを促すピーリングを普段のスキンケアに取り入れるのは美肌・美白を保つうえではとても役に立つものですが、皮膚科や美容皮膚科で行うケミカルピーリングと比べると酸の濃度が低く効果が弱いのが弱点。

シミをなんとかしたい!という目的でケミカルピーリングをするならやはり多少のピリピリ感はあるものの強力な酸を使って治療できる皮膚科や美容皮膚科でのケミカルピーリングがいいとおもいます。

酸でお肌表面の角質を剥がすということで施術後は多少赤くなることがありますが、その日のうちからメイクもできますし、外に出られないということはないので安心してください。

きちんとした効果を実感するまでは2~4週間に1度のペースで5~6回受ける必要があります。1回当たりの価格は安いところでは5,000円程度ですが、高くても10,000円~15,000円程度です。

治療費は安い方が嬉しいですが、ケミカルピーリングは立派な医療行為ですから技術に定評があり、信頼できるところで治療を受けることが何よりも大切です。

このページの先頭へ