オバジニューダームシステム

オバジニューダームシステムというのは、肌の再生理論に基づいて開発された医療専用のスキンケアシステムです。美白はもちろん、肌の若返りを促進する今注目の治療方法です。

具体的にどんな治療法かというと医師が患者さんの肌質やライフスタイルを考慮してレチノイン酸などの外用薬を組み合わせた18週間のスキンケアプログラムです。

30~50代のシミに悩む方のなかには肝斑と老人性の色素斑が混在しているような肌の方多くいるわけですが、肝斑があるとレーザー治療は使えませんし、肝斑に効く美白成分で治療すれば老人性の色素斑が残ってしまうこともあり、治療が終わるまでに時間がかかります。

そんなシミ治療に役立つのがオバジニューダームシステムであり、紫外線が原因によるシミ、そして紫外線が原因ではないシミなどタイプの違うシミを同時にまとめて改善できることができるのオバジニューダームシステムの特徴といえます。

さらに付け加えると、皮膚の再生メカニズムに着目した肌の再生プログラムであるため、シミや色素沈着だけでなく、ニキビやニキビ痕、毛穴の開きから、シワやたるみ、全体的な肌の衰えといった加齢や紫外線ダメージによる肌の悩み全般に効果があります。

傷んだ肌、衰えた肌を剥がして落とし、新しいフレッシュな肌に入れ替えることができるわけです。

オバジニューダームシステムは、スキンケアプログラムでありながら美白・美肌に効果のある強力な成分を含むため医師の処方が必要ですし、随伴症状として、乾燥やかゆみ、赤みを伴うため塗り方や塗る量を守ることが大切です。

決して自己流でできるものではありませんし、経過観察のために定期的な通院も必要です。

治療経過としてはやはり最初の1か月は、赤みがでたり、皮がむけるために肌がボロボロなるなどダウンタイムがあるので、そこを乗り切れるかどうかが最初の山場になるとのこと。

ただ、オバジニューダームシステムは肌の質そのものが変わるものだし、レーザーよりも効果に持続性があり、再発のリスクが少ないと絶賛する医者も多いので、シミ治療のほうほうとしてはぜひともチェックしておくべきものだと思います。

オバジニューダームシステムを治療メニューに加えている美容皮膚科や美容外科は

http://www.cutera.jp/obagi/clinic/

で調べられるのでチェックしてみてください。(治療費はクリニックによってまちまちです。)できれば取り扱っているだけでなく、認定医のいるところで治療を受けるのが理想です。

このページの先頭へ