レーザー治療のデメリット・注意点

シミ治療のためのレーザー治療には大きなデメリットはありませんが、お金がかかること以外に強いて挙げるならば、アフターケアが長期にわたり、大変で面倒だということです。

強いエネルギーで肌細胞を破壊するため肌へのダメージが大きく、照射後1週間は患部をテープや絆創膏で保護しなければいけませんし、肌内部がむきだしになってバリア機能が機能していない状態ですから1週間程度、化膿止めの軟膏を処方されることもあります。

そして何より紫外線の影響をモロに受けてしまう肌状態になっているので非常に色素沈着を起こしやすくなっており、紫外線対策は徹底する必要があります。

ここで、UVケアやアフターケアをサボってしまうと、治療前のシミの状態よりも濃いシミや色素沈着となって再発するなどのリスクが高くなってしまいます。(レーザー治療を受けた方のなかには、照射後に前より黒くなったという人がいますが、ほとんどはこれが原因。)

レーザーは一度肌に軽い火傷させた状態をつくり、その傷を治す治癒プロセスを応用した技術ですから、照射後のデリケートで敏感になった肌を保護して、新しい皮膚を健やかに育てるというケアが不可欠です。

きちんとアフターケアしないときれいな肌に生まれ変わることはないので、面倒くさがり屋でアフターケアができそうにない場合はレーザー治療は受けないほうがいいと思います。

ちなみにアフターケアをする期間ですが、レーザー照射後は炎症による色素沈着が起こりやすい時期が3か月は続くといわれています。この間に紫外線を浴びると色素沈着を促進してしまいます。

夏にレーザー治療を受けるのがよくないといわれるのは、ただでさえUVケアが大変なのに紫外線量が多い時期にレーザー治療を受けると余計に色素沈着が促進される可能性が高くなってしまうからです。

他にもレーザー治療後のお肌は、とても繊細で敏感な状態となっていることから、人によってはこれまで使っていたスキンケア用品が一時的に合わなくなってしまうこともあるようです。

一時的な症状ではありますが、そのような場合にも医師に相談し適切なアフターケア方法を指示してもらうようにしましょう。

レーザー治療を行えばシミや色素沈着といった悩みから未来永劫解放されるということではなく、レーザー治療を行った後こそシミのないキレイな素肌を維持するためにやるべきことがたくさんでてきます。

手軽にシミをきれいにできると思って治療後に美白ケアやUVケアを怠るとまたすぐに再発してしまうものだということを頭にいれておいたほうがいいかもしれません。

このページの先頭へ